東京上野・天王寺
天王寺(てんのうじ)は、東京都台東区谷中にある、天台宗寺院。正式名称は「護国山尊重院天王寺」である。
 日蓮が鎌倉と安房を往復する際に関小次郎長耀の屋敷に宿泊した事に由来する。関小次郎長耀が日蓮に帰依して草庵を結んだ。日蓮の弟子・日源法華曼荼羅勧請して開山した。1641年(寛永18年)徳川家光英勝院春日局の外護を受け、29690坪の土地を拝領し、将軍家の祈祷所となる。1648年(慶安1年)日蓮宗9世・日長による『長耀山感応寺尊重院縁起』が唯一の資料である。法華寺から転住した日耀が中興するまでの歴史は不明である。